がん保険の保障内容について

がん保険とは

日本ではおよそ2人に1人が、一生のうちにがんと診断されるといわれています。

一方、がんの治療に関しては、医療の進歩に伴い多様化しています。発生する部位やステージによってがんの治療方法や期間も異なってきます。
休職してがんの治療に専念する必要がある場合や、仕事を続けながら治療する場合もあります。また、通院に伴う交通費など治療以外の諸費用も発生します。
そこで、がんの治療にかかる経済的負担を軽減させるために誕生したのが、がん保険です。

治療費が高額になる場合も

がんの治療は、治療の内容によって高額になる場合もあります。高額療養費制度(※2)によって、公的医療保険制度による給付対象の治療費は、一定金額を超えた場合に
軽減される場合もあります。しかし、入院中の食事代や差額ベッド代、家族の交通費や衣類その他雑費等、思わぬ出費がかかります。

※2:高額療養費制度
入院や治療によって、1か月あたりの自己負担額が一定の金額を超えた場合に、申請によってその超過分の払い戻しを受けることができる制度です。
年齢と収入(所得金額)によって、自己負担の限度額は異なります。

がん保険の基本的な保障内容

がん保険の待ち期間(免責期間)とは

生命保険は一般的には、申込、健康告知(診査)、第1回保険料の払込の3つがすべて完了した時から、保険会社は契約上の責任を開始します。つまり保障が開始します。これを責任開始日といいます。
がん保険においては、この責任開始日が異なります。一定期間保障が開始されない「待ち期間」が存在します。「免責期間」とか「不担保期間」とも呼ばれます。この間にがんに罹患した場合は、保障がないという期間です。多くの場合3か月とか90日を設定しています。
※「待ち期間」を設定していない保険会社もあります。

待ち時間

がん保険の診断給付金

がん保険の責任開始日以降に、初めてがんと診断されたときにまとまった金額が支払われる給付金のことです。
1回のみ支払われたり、複数回支払われる商品があります。

がん保険の入院給付金

がん保険の責任開始日以降に、がんの治療を目的として入院されたときに、入院1日につき
支払われる給付金のことです。

がん保険の手術給付金

がん保険の責任開始日以降に、がんの治療を目的とする所定の手術を受けたときに、1回につき支払われる給付金のことです。

がん通院給付金

がん保険の責任開始日以降に、診断確定されたがんの治療を目的として通院されたときに
払われる給付金のことです。

がん先進医療特約

がん保険の責任開始日以降に、がんを直接の原因として先進医療による療養を受けたとき、支払われる給付金のことです。

その他の保障や特約について

保険会社により「抗がん剤治療給付金」や「ホルモン剤治療給付金」など、治療の種類に応じて給付される保障があります。
また、悪性新生物と診断された場合に、保険料の払込が免除になる「保険料払込免除特約」などもあります。